2007年07月21日

函館記念

函館9レースの重賞「函館記念」
ハンデ戦で荒れるかな?

◎ナムラマース
○アドマイヤフジ
▲モノポール
△シルクネクサス
△マチカネキララ

ナムラマースは2歳時に函館でデビュー
1200での成績だが
函館芝(0-3-0-1)と洋芝も苦にせず十分対応
距離が1800に延びてから札幌で重賞を制するなど頭角を現してきた
クラシックでも期待した1頭だったがまったくの不振
出直しに53キロで出走できる函館記念から再出発といったところか

アドマイヤフジは休み明けの目黒記念を先行する形で3着
続く宝塚記念では追い込んで4着
脚質の幅も広がりパワーアップしてどんな競馬にも対応できそう
トップハンデ57.5キロはさほど気にしなくてよい
ディープ世代の意地を見せたいところか

長期休養明けを叩かれたモノポールが注意したい1頭
函館芝(1-1-0-1)と得意
先行してしぶとく直線最後まで粘りこみそう
変わり身に期待したい


馬券は検討中だがいまのところは
◎○▲⇒◎○▲△△の馬単フォーメーションで行こうかと

posted by 主任 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48796483

この記事へのトラックバック

7月22日メイン予想
Excerpt: 武豊Jが土曜日の小倉競馬で2944勝目をあげ、JRA最多勝記録を更新した。これからは勝つたびにその記録が更新されていくことになる。どこまで伸びるか注目。本当ならもう少し早い時期に達成しなくてはいけなか..
Weblog: 気まぐれなサイコロVR
Tracked: 2007-07-22 09:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。