2007年03月24日

高松宮記念(G1)

春のスプリント王決定戦
確たる軸馬が不在でオッズが割れている
こんな時はBOX馬券が正解かもしれない

高松宮記念
◎シーイズトウショウ
○アンバージャック
▲スズカフェニックス
△スピニングアノ−ル
△マイネルスケルツィ

中京1200のレコードホルダーのシーイズトウショウ
中京芝成績(4-0-2-2)と得意にしている
平坦・小回り・左回りの3条件が揃ったコースが一番力を発揮できるのだろう
去年の高松宮記念では3着に惨敗

海外遠征帰りの休み明け緒戦で少々不安だがこれが引退レースになるので無様な競馬は見せないだろう
過去には馬体重増減の激しい馬でマイナス30キロで出走後の次走がプラス30キロで走ったってことも・・・
身の入った状態で470キロ前後が理想的な馬体重に思えるので馬体重発表後に馬券は購入することにしよう

印は回らなかったが一発があるとすればビーナスラインに注目
重馬場は歓迎のクチではなく馬場状態が良くなったら抑える予定
posted by 主任 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(3) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

スプリングS(G2)・阪神大賞典(G2)

今年の馬券成績は散々ですが
いつかは日が射してくるでしょう!
と思って懲りずに予想(笑)
スプリングS・阪神大賞典ともに小頭数で寂しい感もあるが何とか当てたい!


スプリングS(G2)
◎フライングアップル
○シべりアンバード
▲エーシンピーシー
△サンツェッペリン
△マイネルシーガル
△ショウワモダン

相手なりに走るフライングアップルから
フサイチホウオーとも接戦を演じるなど実力は折り紙つきだが最後の詰めが甘いというか・・・
今回はヨコノリに乗り替わってそれも解消されるはず
好枠から先行してサンツェッペリンの番手で楽に4コーナーまで周ってきて直線抜け出す!
相手には休み明けをプラス12キロで快勝したシべりアンバードが面白い
叩き2戦目で更なる上積みも期待できる


阪神大賞典(G2)
◎ドリームパスポート
○デルタブルース
▲トウカイトリック
△アイポッパー
△ファストタテヤマ

去年のクラシックを賑わせたドリパがここから始動
有力馬が59・58キロで出走のところを57キロで出られるのも有利
休み明けになるが松田博調教師も今までの休み明けの中では一番順調にきていると自信をもって送り出す
ディープの引退した後の古馬中距離戦線を引っ張る馬はドリパしかいない
posted by 主任 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(2) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

弥生賞・中京記念

チューリップ賞の2強は凄かった
3着に6馬身差をつけるとは・・・
特にウオッカのレースぶりは余裕の追い出しでダイワスカーレットを子供扱い
そのままスライドで2強の桜花賞になりそう
そーいえばアストンマーチャンはどうした???

弥生賞
◎タスカータソルテ
○アドマイヤオーラ
▲メイショウレガーロ
△ドリームジャーニー
△サムライタイガース
△トーセンクラウン

ジャングルポケット産駒の第3のクラシック候補生◎タスカータソルテを予定通り本命に
賞金では皐月出走は微妙なだけにここは確実に権利を取りたいところ
中京未勝利戦をレコードで快勝
前走の福寿草特別も4馬身差でまったく危なげない勝利
2歳チャンピオン・シンザン記念優勝馬と相手強化となったが大外から楽に抜け出して直線豪快に差しきりを期待!
ドリームジャーニーは騎手の出遅れ癖と調教が予定通りに運べなかった事で軽視
アドマイヤオーラは無難に3着以内で権利獲りまず大丈夫?
賞金面でも余裕で皐月に出走できるだけにここは無理をしないだろう
フサイチホウオー・トーセンキャプテンに続くジャングルポケット産駒の未知の可能性に期待することにする


中京記念
◎マチカネオーラ
○コンゴウリキシオー

前年の覇者マチカネオーラと小回り中京平坦コースで逃げ切りが期待できるコンゴウリキシオーの1点勝負が妙味
マチカネオーラは休み明けを叩かれて気配は良好
コンゴウリキシオーはトップハンデ58.5キロで若干0.5キロ重い気もするが得意の中京なら無様な競馬は出来ない
休み明けが不安といえ不安だが・・・
posted by 主任 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(3) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

オーシャンS・チューリップ賞

土曜日も東西で重賞
チューリップ賞は2頭の一騎打ちか?

オーシャンS
◎アイルラヴァゲイン
○コパノフウジン
▲ビーナスライン
△タイキジリオン
△シルクトゥルーパー

1/20の中山1600万条件を58.5キロのトップハンデながら2馬身半差で快勝した◎アイルラヴァゲイン
1200で2馬身半差をつけるとは並みの馬では出来ない芸当
京都に遠征した前走はダートで1番人気に支持されながら7着と大敗
再び中山芝1200に戻れば走る条件は整った

好枠を活かして先行してそのまま押し切る


チューリップ賞
◎ウォッカ
○ダイワスカーレット

ほぼこの2頭で決まり
優劣は2歳女王のウォッカが実績・実力ともに上位

力強いフットワークでアストンマーチャンを差し切った脚は迫力があったよね
前走エルフィンSも仕上がり途上でひょっとしたら取りこぼしもあるかと思いきや楽々3馬身差の快勝

ここも通過点で桜の女王に王手をかける
posted by 主任 at 09:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

今週は重賞だらけ(4重賞)

3/3(土)
中山:オーシャンステークス(G3)
阪神:チューリップ賞(G3)


3/4(日)
中山:弥生賞(G2)
中京:中京記念(G3)



クラシックのトライアルレースが行われる季節になった
もう3月だもんなぁ

権利獲りに来た馬は要注意だけど
実力馬が八分の力で掲示板を独占してしまいそうな予感

チューリップ賞⇒ウオッカ・ダイワスカーレット

弥生賞⇒アドマイヤオーラ・ドリームジャーニー・メイショウレガーロ


チューリップ賞は2頭から流せば当たる確率は高そうだね

弥生賞は注目している馬が出走予定
その馬は「タスカータソルテ」
新馬を2番人気で10着と大敗して放牧に出されて
未勝利・福寿草特別(500万)と連勝でオープン入りを果たした
ジャングルポケット産駒の第3のクラシック候補生といったところか?

何とか3着までに入って皐月に出走してもらいたい


今年に入って馬券の成績は低空飛行中
ここいらで上昇気流に乗ってみたいものだが
IPATの馬券成績を確認するのが怖いよ(>_<)
posted by 主任 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。